« 2008年4月 | トップページ

2008.05.23

ホスト部

リンク: 桜蘭高校ホスト部 - Wikipedia.

桜蘭高校
所在地は東京都文京区。

知らなかった…地元だったのか…。

2008.05.20

ここはGW

リンク: <ここはグリーン・ウッド>世界でも人気の少女マンガ、7月に実写ドラマ化決定(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

那州雪絵さんの人気少女マンガ「ここはグリーン・ウッド」(白泉社)が、7月から東京MXなど全国6局でテレビドラマ化されることが分かった。

白泉社は本当に美味しいメディア展開のツールを手に入れちまったな…。花ゆめアニメは佳作が多かったが、ジャニタレのドラマの方が視聴率とれる現状ではどうにもならんか。

2008.05.15

ボルテスV

リンク: 「ボルテスV」フィリピン事件.

ディレクター、レイモンド・ミランダ談・・・フィリピンと日本についてのユニークな題材、と言う事で私が選んだのは、1978年の「ボルテスV事件」です。「ボルテスV事件」は両国にかかわりがありましたが、事件はもっぱらフィリピン国内でおこります。「ボルテスV」は我が国で唯一放送禁止になったアニメーションです。

ボルテスは、危険すぎる!w

フィリピンでこんな大事件起こしていたとは知らなかったな~。

2008.05.14

ボーグマン

リンク: 超音戦士ボーグマン - Wikipedia.

放送当時大きな話題となったバルテクター装着シーンでの「揺れ」は、原画を描いた菊池が「実現するわけがない」というお遊び半分で提案したものであり、出来上がってきた映像で忠実に再現されていたのを本人も驚いたとされている。

唐突なんですが、急に「自分がオタクであることを意識したのはいつごろだったか」と考えてしまいまして。覚えている限りアニメージュとかのアニメ雑誌を買い始めた切っ掛けは「アニメ三銃士」からだったはずなのですが、そのときは、もうちょっとこう…純粋に三銃士のことについて知りたかったからだったような気がします。「まんがでわかる三銃士」とかそんな本があればアニメ誌買わなくて済ませてた。
んでたぶん…「積極的に見るほど面白いとは思わないけれども“アニメだから”惰性で見る」というダメな習慣はボーグマンからだったと思います。実は全話ビデオに録画していたんですよ、これ。二回目を見ることなく幽遊白書かなんかで上書き消去しましたが。
思えばリアルロボットモノの全盛期が終わり、業界全体が苦しんで試行錯誤していたそんな時期でしたね。開拓した巨大市場を持て余していたというか…。ヤットデタマン以来アニメから遠ざかっていた男が、なんでよりにもよってこんな時期にアニメに戻ってきたのかよくわかりませんが、当時はレンタルビデオ屋の興隆期でして、過去の名作を借りまくって見ていたものです。でもやっぱり毎週エアチェックする楽しみというのは別腹みたいで、それでとにかく毎週見れるアニメならなんでも見た、という時期がありました。

だからもう作品としてはまったく評価していないというか全話しっかり見たはずなのに内容ほとんど忘れているのですが、自分にとってボーグマンはやっぱり記念碑的作品なのだなあと。「駄作でもなにか理由があれば見るやつは見る」ということを自分で体感した作品だったなあと。

んでその見る理由というのはなんだかんだで冒頭引用のアニスの変身シーンでした。
この件はあまり深く考えると人類に絶望しかねない、禁断のテーマだと思います。

2008.05.12

犬の名前

リンク: ++ 日本警察犬協会 ++.

犬 名 一 覧 表

思わぬところにドイツ語名のすばらしい資料があった。

ネットのありがたさよ。

« 2008年4月 | トップページ