« セルティック | トップページ | 地球儀 »

2008.01.09

初詣

リンク: 「らき☆すた」で17万人増=鷲宮神社初詣で、あふれた参拝客-埼玉(時事通信) - Yahoo!ニュース.

埼玉県鷲宮町の鷲宮神社に正月三が日、初詣でをした人は昨年(約13万人)より約17万人増え、約30万人になったことが9日までに、県警の調べで分かった。同町は人気アニメ「らき☆すた」で町おこしを進めており、関係者は予想外の影響に驚きを隠せない様子だ。

うちの地元の神社も今年は参拝者が例年より多かった。

理由推測その1:日本人が愛国心に目覚めたから。

理由推測その2:年末年始のテレビ番組がクソつまらなかったから。

理由推測その3:巫女さんコンテンツで神社が萌え産業に参入。

神頼みしたいことが多くなったのかな…。

« セルティック | トップページ | 地球儀 »

コメント

 本日、あまりに暇なので行ってみたさ、車で40分ほどで着くからな。
 駅前から参道方面に右折しようとしたらそこには「嘘っ」と口にしたほど渋滞車両の列が。もう1月も半ばというにこやつらは!
 交通の便を考えても車で来るのは春日部か大宮ナンバーの地元系が多いが、八王子や川崎や宇都宮と言った不思議なナンバー、そして不思議な車もちらほら。
 というか、給油口の蓋に「ハイオク満タンDADADADADA」というアニメ絵はどうかと思う。
 神社は由緒あるだけあって、活気があるというか、血が通っているというか、さまになっているというか、文化財も所蔵しているし、なかなかのものだった。が、所詮主に地元民に支えられてきた神社だけあって小ぶりではある。
 参拝客はかなり濃いオタクが2割、オタク疑惑濃厚者2割、冷やかし1割、残りが地元民系というよう
な構成に見えた。
 神社全体から、なんだか変に儲かっちゃっているぞ? という戸惑いのようなオーラを感じつつも、そこは千年を越す歴史の度量か、淡々と捌いている感じで好感がもてた。
 神主の家がもろに近接して建っていて、正月こそ人手がたくさんあるものの、普段はかなり家族経営的な雰囲気。
 町はかなり寂れた町で、なるほど萌えアニメにでもすがりたくなる気持ちは分からなくもない、という印象だった。俺がこの町で育ったら間違いなく心がすさみそうだ。
  

行ったのかぁっ!(笑)

なんか知らんが近隣の久喜市民からは思いっきり白い眼で見られていると言う噂を聞いたことが。

次はあれだ、竹島が舞台の萌えアニメが出ると見たね、俺の大胆予想。

 周辺市民は無関心という印象ですね。
 最初に報道したIzaか何かが意図的に、碌なソースもなしに歪んだ切り口の記事を書いたせいでそんな話があったのだと思います。
 その後、各社の取材に対し神社がオタク参拝者に公平なコメントをしたこと、商工会が思惑から好意的に接したことなどでトーンが落ち着いたようです。記事も経済効果や参拝者数の増加に目を向けた切り口になりました。
 もちろん、通常、アニオタが引かれる程度には皆引いてますが。。。俺も行って引きましたし!
 治安の悪化を危惧する声、というizaの報道などはアフォか?と思いますね。
 埼玉の治安は秋葉原よりはるかに悪いことを思えば、アニオタが来て治安が良くなることはあっても悪くなることなどありえません。
 ちなみに埼玉の初詣においては地元ヤンキーが地元の馬鹿ねーちゃんを助手席に乗せてキモ車で動き回るなどという、オタク並みにキモイ現象が起こります。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セルティック | トップページ | 地球儀 »