« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.29

政務次官vsマスコミ

リンク: ZAKZAK.

これまでも、過熱する報道に不快感を露わにしてきた守屋家の人々。イライラが頂点に達したのは、27日夜だった。午後9時45分ごろ、額賀福志郎財務相との宴席同席問題で、証人喚問の召喚状を手渡すため、守屋氏宅を訪問した参院事務局職員と報道陣に対し、30代とみられる長女がホースを握り、玄関前を約5メートルに渡って水をまき散らした。「高そうなコートを着たテレビ局の記者が全身水浸しになっていました」(現場の記者)

守屋一家に同情する気はさらさらないが、ハイエナマスコミとガチで喧嘩するなら応援する。

2007.11.28

クロアチア国歌

リンク: 【サッカー】欧州予選最終戦、有名英国歌手のクロアチア国歌のとんでもない誤唱でクロアチアが激怒.

発端は欧州選手権予選最終戦、聖地ウェンブリースタジアムで行われたクロアチア戦だった。
イングランドは引き分け以上で本大会出場が決まるということもあり、スタジアムは8万人のサポーターで埋まっていた。その中で両国の国家が斉唱されたが、クロアチア国歌斉唱の最中に事件は起こった。
「我が美しき祖国」と題されるクロアチア国家を歌ったのは、スコットランド在住のトニー・ヘンリー氏。1番のサビ部分を歌っていた時に大チョンボを犯した。別掲の歌詞を間違えてしまい。テレビで見ていたクロアチア人が騒ぎ出した。
無理もない。正しい歌詞の意味は「祖国よ、あなたの美しい山を私がいかに愛していることか」だが、たった一つのスペアリングミスをして歌ったことで意味が「敬愛する人よ、私のペニスは山である」に変わってしまった。現場でほとんど気づかなかったようだが、関係者は大騒ぎだった。
ヘンリー氏は「英国のパパロッティ」とまで言われるほどの実力派オペラ歌手。過去にはバッキンガム宮殿で歌ったこともあり、サッカーの試合で歌うことも多い。2003年FA杯決勝では素晴らしい歌声を披露し、アーセナルのサポーターからは「アーセナルの声」と称されたほど。
そんな歌手のミスとあって、一部からはクロアチアを陥れるための「イングランド協会(FA)の陰謀説」もウワサされた。

最終戦、勝ちぬけが決まっていたクロアチアが手を抜かなかったのはこのせいか!

2007.11.26

鷲宮

リンク: らき☆すた:オタクアニメのヒットにあやかる “聖地”鷲宮の商工会がグッズ発売へ(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞).

鷲宮商工会(埼玉県鷲宮町)は、オタクの女子高生と仲間たちの学園生活を描いて大ヒットしたテレビアニメ「らき☆すた」の絵馬付き携帯電話用ストラップを12月2日から鷲宮神社前の茶店「大酉茶屋わしのみや」や加盟店で販売する。10種類で各630円。

見ているかマルクス。これが資本主義脅威のメカニズムだ。

パトリックもノリノリ

2007.11.22

無防備

リンク: 無防備平和条例:札幌市が署名数確定、直接請求が成立 /北海道 - 毎日jp(毎日新聞).

札幌市民による「無防備平和条例」の直接請求運動で、市選挙管理委員会は16日、市民の署名を4万1619人と確定。市議会への条例提案に必要な法定数を1万427人上回り、直接請求が成立した。

キャシャーン無用の街、札幌

2007.11.20

千葉真一

リンク: asahi.com:千葉真一さんが改名 「JJサニー千葉」に - 文化・芸能.

 俳優引退を表明していた千葉真一さん(68)が今後、「JJサニー千葉」の芸名で俳優を続け、映画監督としては「和千永倫道(わちなが・りんどう)」と名乗ると明らかにした。

DQN名もなぜか千葉真一なら許せてしまう不思議。

というか名前自体不思議。

2007.11.16

アッソ

リンク: がんばれ ロッソ熊本/熊本日日新聞.

AC熊本によると、現在の名称は既に出版などの分野で商標登録が行われ、商標権が取得できない。Jリーグは所属クラブの商標を一括管理するため参入条件に商標権取得を入れており、名称の変更は避けられないという。熊本のシンボルの一つである、「阿蘇」を盛り込んだ「ロアッソ」という名称を八月に特許庁に申請した。まだ正式な承認は受けていない。

J2昇格に早々とケチがついたか…。ロッソってクラブ名カッコよかったのに。

2007.11.15

現代用語の基礎知識

リンク: 「アサヒる」「初音ミク」「ローゼン麻生」、現代用語の基礎知識に - ITmedia News.

「ウェブのことば」には「ググレカス」「能登かわいいよ能登」などが、「趣味と萌え」には「初音ミク」「みっくみく」「痛車」などが収録されている。

(日本語の)終わりの始まりだ、フロイライン。

実写

リンク: ドラゴンボール実写版「新七龍珠」台湾版:a Black Leaf.

原作では掲載されていない伝説の「ぱふぱふ」のシーンも完全再現。亀仙人に関していえば、原作を超えたといってよいでしょう。

ハリウッド映画化記念。黒歴史を忘れないように。

2007.11.14

スパイダーマン

リンク: asahi.com:ちびっこスパイダーマン、火事から赤ちゃん救出 - 国際.

ブラジル南部パルメイラで、スパイダーマンの衣装を着た5歳の男児が火事現場から赤ちゃんを救出したと、地元メディアが報じた。男児はヒーローになりきっていて、「スパイダーマンは何も怖くないんだ」と胸を張っているという。

きみはなぜ きみはなぜ たたかいつづけるのか いのちをかけて

少年よ。ヒーローは正体を明かしちゃダメなんだぞ。映画のスパイダーマンは確かにマスコミに自分の写真を売ったりもしていたけど、あれはホントは反則なんだ。

2007.11.13

富山

リンク: 「富山県民サッカークラブチーム」名称決定!! | 社団法人 富山県サッカー協会.

本日「富山県民サッカークラブチーム」名称が決定しました。
・チーム名「カターレ富山(KATALLER TOYAMA)
 たくさんのご応募ありがとうございました!!

富山県民に同情する。

2007.11.12

ダイエー帝国

リンク: 「国会議事堂で死んだら逮捕」、英国のおもしろ法律ベスト10 AFPBB News.

英国史上最もばかげた法律の栄冠には「議会で死ぬのは違法」が輝いた。

イギリスの法学科は楽しそうだな、こんなトンデモ法律ばっかりなら。

2007.11.09

いじめんだー

リンク: asahi.com:倒せ、いじめんだー - コミミ口コミ.

「いじめゼロキャンペーン月間」の11月、イメージキャラクターの「仙台まもらいだー」と「仙台いじめんだー」が仙台に登場、市内の学校を回り始めた。

なぜひらがななのか。

個人的に「努力すればいじめは無くせる」という前提でやっていたらなにも変わらんように思う。
いじめは無くせない。被害者が孤立して深刻化しない工夫が必要であって、それには学校の隠蔽体質を改善するしかなかろ。

2007.11.08

捏造放送

リンク: 捏造放送への処分は見送り 放送法改正案修正へ (1/2ページ) - MSN産経ニュース.

4月に通常国会へ提案され、継続審議となっている放送法改正案のうち、捏造(ねつぞう)番組を放送した放送局への行政処分導入について、与党が法案から削除する方向で検討していることが7日わかった。新たな行政処分には「言論の自由の侵害につながる」として放送局などが猛反発し、野党も慎重姿勢のため、法案審議の難航が予想されている。

捏造報道しても処分するな…ってわけ分かりません。まったく反省するつもりないってことですか。自浄努力すらナシですか。
「悪いことしたら牢屋に入れられる」
小学生でも分かる理屈です。

ファンネル

リンク: <防衛省>“ガンダム”新装備を公開 暗視カメラに生体認証、ファンネル?も(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

防衛省技術研究本部が防衛技術の講演、展示を行う研究発表会が7日、東京都新宿区のホテルグランドヒル市ケ谷で開かれ、「ガンダムの実現に向けて」と題されたシステムが展示された。

フラナガン機関創設キタコレ

2007.11.07

国家事業

リンク: 中国のコスプレ大会は国家事業である(前編)5億5000万人が見るコスプレ中継 (中国"動漫"新人類):NBonline(日経ビジネス オンライン).

ただし、おそらく日本のほとんどの方がご存じない事情が中国のコスプレにはある。なんと中国のコスプレ大会は、「中国政府主導による国家事業として行われている」のだ。

コスプレ天安門事件が近々起こるということか…。

2007.11.06

彦根

リンク: 「ひこにゃん」引退の危機!? 滋賀・彦根城イベントのキャラ(産経新聞) - Yahoo!ニュース.

滋賀県彦根市で開催中の「国宝・彦根城築城400年祭」のマスコットキャラクター、「ひこにゃん」が、グッズ消滅の危機に瀕(ひん)している。市は約1100件のひこにゃんグッズを許可しているが、同祭が終了する今月25日で販売中止を求めているうえ、26日以降の管理方法を決めていないため。全国に知れ渡り彦根の知名度を押し上げた“ゆるキャラ”とあって、グッズの販売業者からは市の対応のまずさを批判する声も上がっている。

特ア式インスパイヤ軍団がこっちを観ているようです。韓国製の「ぴこにゃん」が製作されるのも遠くないでしょう。

2007.11.01

落ち合い空

リンク: 東京スポーツ新聞社.

野球落合監督 日本一で念願のガンダム声優デビューへ

落合は

息子ともどもガノタらしい。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »